不要になった車の処分に困っていませんか?

動かなくなってしまったり、年式が古すぎたりと下取りや買取でも断られたような車は廃車をする必要があります。

 

もちろん自宅で保管しておいてもいいのですが、車検が切れた車は運転すれば違反となりますし、動かない車を自宅の敷地内で管理しておくことも場所をとって邪魔になりますし、いつか乗るかもと車検を更新したり自動車税や保険金を支払うこともとてももったいないですので、そういった車の場合、主入れの強い車でなければ廃車にすることをおススメします。

 

 

では、廃車にするためにはどういった手続きが必要になるのでしょうか?

 

通常の廃車手続き方法は以下の通りです。

@車を解体する。
自分で車を廃車にすることは不可能ですので、解体業者へ依頼しましょう。ネットや雑誌などで解体業者を調べて依頼し、車を解体してもらいましょう。車を解体してもらうと、解体業者から「解体証明書」と「ナンバープレート」を受け取りましょう。もちろんナンバープレートは前後にあるので2枚となります。
A必要な書類を集める
廃車の手続きを行うためには色々な書類が必要となります。
印鑑:車の所有者を証明するために使用した実印が必要です。もちろん認印やシャチハタは認められていませんので注意しましょう。
印鑑証明書:車の所有者を証明する印鑑証明書です。市役所で発行してもらう必要があります。
車検証:ディーラーなど車検を行ったところで、車検を行った後もしくはその前にもらうことが出来ます。通常は車内に保管してあると思います。
住民票:車検証に記載されている所有者の住所が印鑑証明書と異なる場合に必要となります。近くの市役所で発行してもらいましょう。もちろん住所が車検証と印鑑証明書で変わりなければ必要ありません。
委任状:車検証に記載されている車の所有者以外の人が廃車の手続きを行う場合は、委任状が必要です。廃車業者に依頼する場合になどには必要となってきます。
銀行や郵便局の通帳・登録印:還付金などがある場合は、受け取る為に口座が必要となります。口座番号がわかるものと、登録してある印鑑が必要です。
B陸運局で廃車の手続きを行う。
陸運局でまずは「抹消登録証明書」と「手数料返納証明書」を購入しましょう。陸運局の中の用紙販売所で購入することが出来ます。その後、車のナンバープレートを返納窓口で返納しましょう。返納することで、ナンバープレートが返納されたことを証明する「確認印」と「確認シール」をもらうことができます。その後、抹消登録証明書や手数料返納書などの書類に必要事項を記載しましょう。記載したら、上記の書類とともに窓口へ書類を一式提出しましょう。これで車の廃車が完了となります。
C還付金の手続き
廃車にする車の車検が1ヶ月以上残っていた場合は自動車重量税の還付金を受け取ることができます。自動車重量税還付の申込書が陸運局にありますので、必要事項を入力して提出しましょう。記載した銀行口座に通常は2ー3ヶ月で還付金が振り込まれますよ。また、自動車税の還付金の手続きも忘れないようにしましょう。この手続きは陸運局ではなく、陸運局と同じ敷地内にある自動車税事務所で手続きを行います自動車税事務所で自動車税申告書をもらい、必要事項を記載して窓口へ提出しましょう。これも記載した銀行口座に廃車の手続きをした翌月から年度末までの自動車税が返ってきます。自動車税の還付を忘れる人が多いですので注意しましょう。