国内の需要は無くても海外では需要有り?!

車を手放す時は、基本的には車買取業者に買い取ってもらうか、新しい車に代える際に下取りをしてもらうことになると思います。

 

どちらも金額には差はあるものの、車を手放すとはいってもお金を手に入れることができます。

 

しかし、車が故障していたり、年式が古くなりすぎて車はどうでしょう?

 

そういった車は国内では需要がなく、廃車にすることしかないと思う方もいるかもしれませんが、実はそうではないことが多いんです。

 

たとえ故障したり、水没した車や廃車レベルとなった車でもあきらめてはいけません。

 

海外専門の買取業者であれば国内では廃車扱いのような車でも買い取ってくれる可能性が高いんです。

 

 

なぜ廃車レベルの車でも買い取ってくれるのでしょうか?

それはもちろんその車には価値がある、つまり他で売ることが可能だからです。

 

日本では廃車になりそうな故障をした車や、水没した車や、年式が古かったり走行距離が15万キロを越えたような車は人気がなく需要がありません。

 

ですが、海外ではそういった車でも乗りたいと思っている人は沢山いるのです。

 

日本車は世界でも厳しい審査基準をクリアしている車の為、壊れにくくその信頼は高く、走行距離や年式では敬遠されることは少ないんです。

 

また、日本車を新車で買おうと思うと海外では高級品のために手が出ませんが、中古車であれば買うことが出来る為、日本車の中古車の人気はとても高いんです。

 

 

中古車の中でも修理歴や年式・走行距離が長い車などは安くなるため、さらに買いやすくなるため、需要がないということはありません。

 

また、故障したり水没していても、修理して走りさえすれば良いと思っている人も多いので、例え走らなくなった車でも修理すれば買い手がいる為、海外専門の買取業者は廃車レベルの車でも買い取ってくれるのです。

 

 

もしも車の故障がひどく、直すこともままならない車でも価値が全くなくなるわけではありません。
車は多くの金属をしようしており、それらのほとんどをリサイクルすることで再利用が可能だからです。

 

 

走らなくなった車でも、ドアやハンドル、窓のガラスなどはそのまま別の車に再利用、車体の金属は溶かして再利用、タイヤは燃料などに再利用などまだまだ価値はあります。また、電子機器に使用されているレアメタルは価値が高いといわれています。

 

 

以上のように、たとえ廃車レベルの車であっても、海外で売却したり、解体してリサイクルするなど、その価値は十分にあるといえます。

 

 

ですので、車が壊れたり水没してしまったり、走行距離がながすぎたりと廃車レベルと思い込んでいませんか?
そういった車でも、それを必要としている人がいるかもしれませんよ。

 

 

自分で廃車の手続きをしてしまう前に、一度専門の業者に見積りを出してもらうことをおススメします。廃車の費用を払うどころか、逆にお金を手に入れることができるかもしれませんよ。