もしもゲリラ豪雨で車が故障したらどうすればいいの?

近年の異常気象により、台風やゲリラ豪雨などの急な大雨により、川が氾濫したり道路が冠水したりすることにより車が水没してしまう事例が多くなっています。

 

車が水没してしまった場合、車はどうなるのでしょうか?

 

もしも水没して壊れたり調子が悪くなった車を手放す際、どのように処分すればいいのか知っていますか?

 

まず、自動車は多くの電子部品を使用して作られているため、水は大敵です。そのため車が水没してしまうと、たとえ最初は動いたとしても、マフラーから水が入っていれば間違いなくエンジンにダメージとなっているため、徐々にエンジンが劣化していき、最終的にエンジンが動かなくなるエンストになってしまうことになる可能性が高いので、そのまま放置して乗ることは危険といえます。

 

 

そのため、水没車を何の対策もせずにそのまま乗り続けることは得策といえず、修理もしくは処分することをおすすめします。

 

 

水没車を修理するとなると、かなりの金額がかかることを覚悟しなければいけません。故障の程度や車種によっても異なりますが、車のシート下まで水没すれば、20〜25万円。シートの上まで水没してしまった場合、50万円以上かかるといわれています。

 

 

また、もしも電子機器部品が故障して交換となってしまった場合、100万円以上かかることもあるんです!購入して間もなかったり、年式が新しいものであれば修理をして乗ることも可能ですが、修理費を支払って乗り続けるよりも新しく車を買い直した方が安くすむことも多いです。

 

もしも手放すとなると、下取り・買い取りもしくは廃車となります。

 

まず廃車ですが、水没して全く動かなくなってしまった車は修理費もかなりの金額となるので、買い取ってくれるところはほとんどないでしょう。そのため、その車は廃車ということになります。ですが、自分で廃車を行うと煩雑な手続きや廃車費用がかかっていまいます。ですが、業者に委託することで手続きを代行してもらうことも可能です。

 

中には廃車の課程で再利用できる部品はリサイクルすることでそれが一定の金額になるらしく、廃車するのにお金をもらうことができることもあるそうです。

 

 

また、買い取りですが、水没車の市場価値は、故障して直した車、いわゆる修復歴車よりも価値が低いといわれています。水没した車には冠水歴という、水没したことあらわすものが残ってしまうしまいます。この冠水歴があると車の価値はかなり低くなってしまい、修復歴がある車に比べて敬遠されてしまいがちです。

 

 

ですが、それは日本に限ったことであり、意外にも海外では冠水歴があっても売却できることが多いんです。日本車は世界的にも厳しい基準をクリアした後に市場に出ているので、たとえ水没した車であっても、部品が交換されてちゃんと走れば、新車を買うよりもはるかに安く買うことが出来るため、中古車市場ではまだまだ価値があるんです。

 

 

そのため、水没した車でも売れないからとなげかず、海外向けに中古車を販売している業者に委託すると、意外に高い金額で売却することができるかもしれませんよ。ちなみに下取りは、ディーラーの言い値でいわれてしまうことが多く、特に水没車はかなり安くたたかれるもしくは0円で引き取るなんてこともあるので注意しましょう。

 

 

水没した車だからとあきらめることはありません。高い金額を出して修理したり、無理に乗り続けてすぐに壊れてしまうより、廃車や買い取りをしてもらい、新しい車に乗り換えた方が安くすんでしまうかもしれませんよ。