ここに商品名を入力

運営会社は株式会社エイチームライフスタイルで、設立から1年と日は浅いものの、「かんたん車査定ガイド」は車買取サイトのなかで最近もっとも注目されているサイトの一つです。名前の通り、簡単な入力のみで一度に10社に対して車の査定を依頼することができるサイトです。入力は車のメーカー・車種・年式・走行距離と、名前や電話番号などの5つの情報を入力するだけです。たった2分ほどで車の査定額を知ることが可能です。1度に10社へ送ることができるため、査定額だけではなく一番高く売却できる買取業者を見つけることが可能です。自動車評論家のプロの目から見た車の高額の買取方法や、買取額アップにつながる注意点などのコラムも掲載されています。人気車種の買取相場や買取強化をしている車などもランキング化されているため、度の車が人気があるか知ることも出来ます。

ここに商品名を入力

設立15年以上の株式会社ウェブクルーが運営している車の見積り比較サイトです。全国150社以上の車買取専門業者へ一度に10社へ見積を依頼することが可能です。入力項目は車の車種や年式、走行距離などと、電話番号や住所などの個人情報を入力すれば、その情報を一度に数社へ送ることが可能ですので、わざわざ1つずつ入力する必要はありません。利用者は60万人を超えており、その実績と信頼はとても高いです。提携している買取業者は、ガリバーやアップル、カーセブンなど一度は聞いたことのある大手の業者から、地域で活動している個人の店まで幅は広く、それらの業者へ一度に見積りを依頼することが可能です。60万人以上の利用した人のデータから導き出した中古車の買取額の相場や高額に売却することが出来るノウハウなどを紹介している全国車買取ガイドがありますので、売却前に車の買取についての情報を知ることが可能です。

ここに商品名を入力

求人情報でお馴染みのリクルートホールディングスが運営しています。カーセンサーは雑誌やCMでも度々取り上げられており、車関係のものはほぼすべて網羅しており、その中で車の買取も行っているんです。中古車情報だけではなく、車用品や車の保険、車のカタログの取り寄せなど車関係を幅広く扱っているため、車の買取以外の情報も知ることが出来ます。入力項目は少なく、メーカー・車名・事故歴・車のタイプ・郵便番号を入力するだけで、車の査定をすることができる業者を検索でき、その中から希望する業者に見積もりを依頼することが可能です。契約している業者はテレビなどでよく見る大手から、地域密着の業者まで多くの会社があるため、高額で買取をしてくれる業者がきっと見つかりますよ。「カーセンサーネット」では、車の買取だけではなく、廃車の見積もりをとることだってできるんですよ。車の事全般を知りたければ、カーセンサーネットはとても便利ですよ。

 

 

 

 

 

●買取が良い理由
車が必要なくなり、廃車とする際、下取りや買取などがありますが、何が一番得をするのでしょうか?実は買取が一番多くお金を手にすることができると言われています。買取は何社かと競わせることで買取額を上げることがやりやすく、一見必要のなさそうな車種でも、買取業者によって必要としているところがあれば、他のところよりも高い買取額がつき易くなり、業者間によっては数万から10万円も差がつくこともあるんですよ。車の下取りは車を購入する時に一緒に行えて便利という理由で、車の買い替えの際には下取りを行う人が多いですが、下取りはディーラーの言い値になっていることが多く、他社と競うこともあまりないので買取に比べて少額になる傾向にあります。以上のように車を廃車にする
なら買取がおススメです。ちゃんと数社で見積もりを出すことが大事ですよ。

 

 

車を廃車にする時、いったいどれくらいお金がかかるのでしょうか?

廃車にするときにかかるお金は複数あり、@車の運搬量A車の解体費用B車のリサイクル料C末梢登録費用D廃車業者に支払う手数料があります。Aの解体費用は約1万円、Bのリサイクル量は車種や車の状態によって異なりますが、7000〜20000円程度、Cの末梢登録費用は350円、Dの業者に支払う手数料は業者によって異なりますが3000〜10000円ほどとなります。@の運搬量は運ぶ距離によって変わるため割愛します。つまり、すべてを合わせるとやく4〜5万円くらいかかります。ですが、業者に頼まず自分で全ての手続きを行うのであれば、@の運搬費とDの手数料がなくなるので、3〜4万円程度となります。車を廃車するのにはどうしても数万円のお金がかかってくることになりますね。

 

●何故売れるか理由
廃車にする際、車を解体してしまうとどうしてもお金がかかってしまいます。ですのでたとえ廃車にするとしても買取などで売ってしまった方が得と言えます。なぜ買取がいいのでしょうか?年式が古かったり、走行距離が長くなっているから売れるのかと不安になるかもしれませんが、業者によってその車を必要としているところは必ずあります。日本車であれば国内で需要が少なくても、海外での日本車はとても人気があるので意外に高い値段がつくこともあります。たとえ需要がない車とはいえ、リサイクルすれば車体の金属や電子機器のレアメタル、ドアやハンドルやタイヤなど各部品を再利用することができるので、どんな車であっても、自分で廃車手続きをして高いお金を払うより、買取などで売ってし
まった方が絶対にいいですよ。一見買い取ってもらえなさそうな車でも、それを必要としているとことは必ずあるので、一度見積もりを出してみることをおススメします。

更新履歴